LOG IN

帰り道は新鍋理沙を語りたくなる

by lovelikefoot(有本和貴)

何かにはまり出すと、やがて視点が変わっていく。簡単に言えば目が肥えるということになるだろうか。

今まで気づかなかったことに気づき、そこに奥深さを感じ、「まだ私の知らない世界があるのでは」と思い、それが「もっと見たい」という欲求につながり、さらにハマっていく…今回はそんな話。

私は木村沙織さんをきっかけにバレーボールに興味を持った。そして、かつ、木村沙織さんのプレーを見ていてさらにそこにバレーボールとしての競技の奥深さを知っていった。何事にも「入口」という存在はある。師匠と言ってもいい。その入口の人がどんな人かによって、その人のその物事への接し方が変わっていく気はする。木村沙織さんじゃなかったら今のこんな私(バレーボール好き、だけでなく東レアローズ好きとか、試合を撮るようになったとか)にはなっていなかったかもしれない。

話がそれたが、2016/3/6の所沢でのファイナル3を見て東レアローズファンになった私としては、久光はどうしても敵だった。バレーボールは他の競技と比べ敵対意識の薄いスポーツだと思うけれど、NECや日立に比べ久光はどうしてもあのときの思いが蘇ってしまう。つまり何が言いたいかというと、興味という点でどうしても薄いチームだった。とはいえ、試合を見ることも多いので石井優希選手とか長岡選手とか、中大路選手、戸江選手とか、興味を持った選手はいた。そんなことを1年半前に書いている。

と、こ、ろ、が。

なんと、このブログに全く登場していない人がいる。久光は2016年のファイナル3以外にも11月の船橋、1月の岡山、そして2月のファイナル6と、このブログを書くまでに見ているのだが、いずれもそのとき試合には出ているのに、全く見向きもしていなかったと言うことだ。さっと見たけれど、写真すら撮っていなかったようだ。かろうじて2018/1に大分で見たNEC戦(17/18シーズンは札幌にいたのでこの日の二試合しか見ていない)で一枚撮っていた。

それが、新鍋理沙選手だった。そこにいたのに気づいていないという。いや、もちろん名前くらいは知っていたけれど、興味がなかったということなのだろう。

それが変わり始めたのは、テレビで見ていた2017/18のファイナルだ。

そして新鍋選手への興味はテレビ観戦していた世界バレーで決定的なものになる。

これは、バレーボールにハマリ始めて間もない私にとって、という前提で読んで欲しいのだが、

新鍋選手についての印象は、真鍋監督時代の全日本への招集を拒んだメンバー、ということだった。自分に合わないバレーは全日本であってもやらない。そういう印象だった(実際のところはどうかしらないけれど。でもバレーボールに少し興味がある人ならそういう印象を持っている人も多いと思う)。

芯の強い鉄の女、みたいな新鍋理沙像が私の中でできあがっていた。ほら、よくいるじゃないですか、ニコリともしないけれどものすごい実力を発揮する人って…会社にだって、人付き合いは悪いけれど、能力がものすごい、という人…

2018年11月3日。東京に戻ってきた私は久しぶりにVリーグがたくさん見られるぞとわくわくしてこの日を迎えた。そして、東レ対久光を迎えるにあたって、東レは小川愛里奈選手を追いつつ、久光ではいつものように石井選手をマークしつつも、新鍋選手にもレンズを向けてみることにした。

ただ、私の中では鉄の女・新鍋理沙。どこかレンズも恐る恐る向けていた。「ふん、撮っているんじゃないわよ」とでも言われそうな。いや、そんなことすら言わずに「また撮っている人がいるんだからもう。しょうがないわね」みたいな。ひえええ、すみません新鍋様。どこかファインダー越しに靴で踏みつけられながら撮っている感覚だった(アホか)。

試合はわが東レが新鍋様に一蹴され(靴で踏みにじられただけに、ってそういう話じゃない)、敗れた。その試合のMVPに選ばれた新鍋様がインタビューを受けていてそれを私は会場の大画面で見ていたのだが(メインスタンド側を向いていたのでこちらからは生の姿は見えなかった)、それこそ「別に」とか言い出しそうな新鍋様だったが、やりとりは拍子抜けするほど普通だった。

最後にインタビュアーが「今年で選手生活10年目を迎えますが」と話を振ると、新鍋様が、持っていたブイリーを使って顔を隠した。10年目と言われて恥ずかしそうに。

キャラ、全然違う!!

私の中の新鍋様…もとい、新鍋理沙選手のイメージが音を立てて崩れていった(残念ながらその写真はないです)。

試合を見ていても、新鍋選手を中心に輪ができていたり、当初抱いていたイメージとは違うな…という思いはあったが、その出来事で私は一気に新鍋選手に親近感を抱くようになった。あと、これはファインダー越しに見ていて気づいたのが、あくまで私の中で、女子力がとても高いことに気づいた。コートにいる選手たちの仕草や表情に女子を垣間見られる瞬間が私は好きなのだが、新鍋選手はそれが至る所で見られる選手だと気づいた。例えばこの写真がそうだ(これは試合前なんだけれど)。

私が新鍋選手の写真を投稿すると多くのファボをいただくのだが、たいていは女子が多くて、なるほどなと思った。

次に新鍋選手を見たのは12月2日のウカルちゃんアリーナだった。この試合は新鍋選手ばかり撮っていた。

例えばこのシーンだが、これはベンチの方に飛んでいったレシーブのボールを返したシーンなのだが、

こういう両腕の広げ方が、女子だなあと思う。写真は撮れなかったけれど、スパイクを打とうとサイドラインから走り込むときに、いわばお嬢様走りみたいに手のひらを反らしている選手は個人的にツボだ(木村沙織さんはそうだった)。

でもなにより、この日は久光は公開練習をしていて、新鍋選手の練習風景もレンズで追っていたのだが、

やがて彼女がレシーブ練習を始めた。繰り出されるサーブをひたすら返す、というものだったけれど、それが私は思いっきり印象に残った。

バレーボールにそれほど詳しくない私にとっては、レシーブというのはあくまでミスせずきっちり受けるもの。だが、そのボールをただ返すだけでなく自分たちのボールに変換する、という作業がものすごく大事なことにやがて気づくようになった(これを気づかせてくれたのは当時日立リヴァーレの佐藤あり紗選手だった)。

この、変換作業が新鍋選手はものすごくうまいなと見ていて思った。変換というのはつまり、セッターが思い描くトスを上げられるようなボールを返すということ。つまり、攻撃の基点となるレシーブとなること。攻撃の基点はトスと思ってしまうのだが、違うだなと。レシーブの段階から始まっているのだなと。

これが、あくまで私の印象なんだけれど、新鍋選手はものすごくうまいと思う。守備から攻撃の基点を組み立てられる人。それが、世界バレーを通して気づいた新鍋選手だった。だから、そのレシーブ練習を目の当たりにできるのはものすごく貴重だと思った。フォロワーさんで新鍋選手に憧れてバレーボール選手を目指す人もいるので、その人の参考になるように連続写真も撮ったけれど、途中からはファインダー越しに見るのはもったいないと、たたぼーっと肉眼で見ていた。

※だから試合前の公開練習(公式練習ではないです)はもっと定期的に見られる機会を作って欲しいと思うしできるならチーム名も公開して欲しい。若い人たちの教材になるんです。

「新鍋理沙がひたすらレシーブする動画」とかあったら見てみたい。それくらい惚れ惚れとしてしまった。

この人なら、どんな無茶な仕事でもサラッとやってくれそう、そんな気がした。

「新鍋君、悪いんだけれどこの古いプログラムの改修、マニュアルがなくてちょっと時間がかかりそうなんだけれどお願いできないかな?」

「ああ、これ、2016年に作ったやつですよね。あー、なるほど、ここが問題になっているんですね。わかりました、やっておきます」

みたいな(マジかよ…神だよそんな人…)。

話を戻すけれど、「守備から攻撃を組み立てられる人」ってそうなかなかいないと思う。サッカーだと、最近はGKもパスで攻撃の基点になったり、守備専門と思われていた人が攻撃の基点となる、みたいな傾向があるけれどそれと同じだと思った。もちろん、それが簡単にできる人はいない(はずだ)。おそらくだが、木村沙織さんはそういうことができた選手だったと思う。

そしてもっと言うと、木村沙織さんと新鍋理沙選手はタイプが全く同じなんじゃないかと思う。全く同じだからこそ両立できない、共存できないという問題をはらんだのが真鍋ジャパンだったのではと私は思うようになった。似ているのなら、役割を分担することになる。木村沙織さんは攻撃に使いたい、だから新鍋選手は守備の方を…

それをよしとしなかったのかなと私は思う(あくまで最近バレーボールに興味を持った身としての感想です)。だからそれを不仲とか、拒否とかそういう言葉を使うのはちょっと違うと思う。したくない仕事をしたくないと言い切れなくて何が悪いのか。それで評価が下がってしまうのなら言いたいことも言えなくなってしまう。

話を戻すと、

こういう「攻撃の基点はレシーブから」とか気づいたこと(全てではないにしても)も、私の中でバレーボールを見る目が肥えてきた証なのかなと思うようになった。人がバレーボールに興味を持ちハマっていく過程はいろいろあると思うけれど、「新鍋理沙をどう見るか」が一つの通過点なのかなあとは個人的に思った。もちろん新鍋選手が入口という人もいるだろうけれど、そういう人は「今まで気づかなかったけれど新鍋選手のこのプレーってすごいな!」といずれ思う気がする。

だから。

「今日の試合の、あの新鍋理沙のシーンがさ」とか帰り道に語りたくなったりツイートしたくなる。それが新鍋理沙というバレーボーラーなんじゃないだろうか。

この日のウカルちゃんアリーナの試合は久光がデンソーを3-1で破った。最後のセットの久光は私の近くのベンチ側だった。試合後、ふと見るとすぐ近くに新鍋選手がいた。そこにいたのは鉄の女でも新鍋様でもなく、新鍋理沙という一人のバレーボール女子だった。

OTHER SNAPS