LOG IN

THIS IS HOME~V1に舞い降りたKUROBEアクアフェアリーズ~

by lovelikefoot(有本和貴)

1/5、6に富山県・黒部市で行われた新年一発目のVリーグ。この試合は地元が本拠地のKUROBEアクアフェアリーズのホームゲームでした。

私がこのKUROBEアクアフェアリーズというチームに興味を持って、ホームゲームに足を運んだのは主に二つの理由です。

①V1リーグに「参入」してきた

ご存じの通り、今シーズンからVリーグは、これまでのV・プレミアリーグとV・チャレンジリーグから、V1、V2に改編されました。その際、プレミアリーグは8チーム制だったのが、V1は12チームにまで拡大されました。プレミアリーグは8チームで、かつチャレンジリーグの上位2チームが入れ替え戦次第でプレミアリーグに昇格できるという点では、いわば10チームは元々プレミアリーグに入れるだけの力のあるチーム、と言えます。

そこにさらに2チームを加え12チームになったV1。そこに加入を認められるのはS1ライセンスを取得していることが条件になるわけです(下記サイトではV1ライセンスとなっているので今はそうなったのかもしれませんが)。

つまり「V1に入れるチームを2つ増やすから入りたい人、手を挙げて~」になったわけです。

ところがこれ、入れるならみんな入りたい、というわけではないんですね。特に当初V1に加入するはずだったフォレストリーヴズ熊本が経営難で解散してライセンスを返上しても、他にライセンスがあった二チームは断り、結果V1が11チームという奇数、V2は12チームといういびつな形で新シーズンはスタートしました。

そのチームが断ったのは急すぎたというのもあったでしょうが、チームの経営状況などを考えると今の段階でV1に上がるのは後々経営的にきつくなるという判断もあったのではと思います。V1になればそれなりの会場規模が求められ、かつ、運営費用も上がります。それがちゃんと回収できるのか(できなければクラブが消滅する可能性もあるわけです)。

何が言いたいかというと、今回のタイミングでV1に参入するというのはそれなりの覚悟が必要、ということです。まずその点でKUROBEアクアフェアリーズに興味を持ったわけです。

②母体が「黒部連合」

私は「V.LEAGUEチームの顔」という選手名鑑が好きで、毎年買っています。一つは選手の直筆のメッセージが書かれている点なのですが(木村沙織さんの字は本当に女子力が高かった…)、そこには各選手の所属部門が書かれているんです。

Vリーグのほとんどのチームは、母体となる親会社があります。つまり、選手たちはそこの社員なわけです。東レアローズに入団、ということはイコール、東レ株式会社に入社ということなわけです。先日内定選手として発表された石川真佑選手は、東レ株式会社の新入社員でもあるわけです。ちなみに全日本だと新鍋理沙選手は厚生部(久光の選手は全員厚生部の所属)、古賀紗理那選手は社会公共ビジネスユニット(ユニットと言うのがNECらしいな…)、黒後愛選手は事務部(東レは全員事務部の所属)、だったりします(JTが「女子バレーボール部」とはっきりバレーボールを明記しているところはJTのいわば矜持ですね)。

※そして岡山は親会社を持たないクラブチームなので、所属部門欄は空欄です。

NECレッドロケッツの選手たちが事業所で挨拶運動に参加したり、東レアローズの選手が本社を訪問、なんてケースがあるのは、選手たちが社員だからです(そして基本的に応援席に陣取るのも社員ですから、つまり社員仲間を応援しているわけです。そこがプロ野球やJリーグと違うところですね)。

ではKUROBEはどうなっているのか。めくってびっくりしたんですね。例えば平谷里奈選手は北星ゴム工業、和才奈々美選手は富士ゼロックス北陸、アールブレヒト選手はYKK…他にもトヨックス、銀盤酒造、第一建設、新和工業…なんと、所属部門ではなく所属企業、だったんですね。

つまりこれは、黒部の企業連合、なわけです(ほとんどが黒部の会社ですが、一部魚津もあります)。Vリーグでは岡山がスポンサー一覧を掲示してますが、あれはつまり岡山シーガルズに出資している形なのですが、KUROBEはスポンサーが選手を雇用しているわけですね。サイトでもはっきり「スポンサー(選手雇用企業)」とうたっています。

一社でVリーグのチームを抱えるのは費用面でも大変なわけですが、連合にする形でチームを持つというのは今後Vリーグがもっと全国に拡大していく上で大きなモデルケースなのでは、と思ったわけです。人口が4万人しかいない黒部市でもVリーグのチームが持てる、というのもありますし、それ以上にVリーグの歴史なんて、親会社の経営難によるチームの譲渡&解散の歴史ですから、一社に依存しているのは解散の危機と常に隣り合わせなわけです。

そんなチームを一度見てみたい。そう思って私は黒部に向かったわけです。あともう一つこのチームに興味を持った点があるのですが、それは後のお楽しみみんということで。

東京から北陸新幹線で2時間半ほどで黒部宇奈月温泉駅に到着。そこからバスで黒部駅に行き徒歩で20分ほどの所にKUROBEアクアフェアリーズのホーム、黒部市総合体育センターはあります。富山に来たのは20年ぶりくらい。そのときは富山市を軽く散策した程度なので、ましてや黒部に来るなど初めてのこと。Vリーグを通して、行ったことのない場所に足を運ぶというのもVリーグの楽しさです。

まず入場時にびっくりしたのが、お子さんを抱えた女性スタッフが入場口にいらして券のもぎりなどをしていたこと。そういう方々がKUROBEアクアフェアリーズを支えているわけです。あと、たまたま新鍋理沙選手が通路を歩いているのが見えたのですが、「あのテレビで見た全日本の新鍋選手がこの体育館に来た!」というのは、地元の人たちにとっては何より貴重な経験になるのでは。これもVリーグが全国で開催される意義だと私は思います。

黒部でホームゲームを見て感じたことを、ここからはポイント形式にしてご説明します。

①地元紙&地上波中継のメディア露出

日曜日の試合は、地元の富山テレビ(フジテレビ系)で中継されました。夕方16時からで生中継ではなかったですが、ほぼリアルタイムでの放送でした。また、これは地元のフォロワーさんのツイートで気づいたのですが、地元の北日本新聞ではアクアフェアリーズの様子が大きく紹介されていました。

Vリーグのメディア露出はまだまだ少ないですし、スポーツ紙だって数字で結果しか載っていない状況ですが、地方だとこうなるんだな…というのは改めて気づかされました。

②グッズに「学習帳」

ホームゲームの魅力の一つは、そのチームのグッズが多く売られることだと思います。ホームゲーム限定のグッズなんかもありますね。私の好きな東レアローズはかつてはホームゲームでしかグッズを売らなかったので(通販もありましたが)、ホームゲームは貴重な場でした。

KUROBEのグッズコーナーも大きなスペースが取られていていろんなものを売っていたのですが(KUROBEは他の試合ではグッズは売ってなかったかも…通販もやっていないので買えるのはホームゲームだけかもしれません)、びっくりしたのが学習帳があったことなんですね(買ってないので写真はないですが)。

子供の頃からアクアフェアリーズに親しんでもらえるグッズなわけで、これは貴重だなあと思いました。あとこの試合はお年玉企画として小学生が無料招待されてました。しかも既にチケットを買った人は払い戻し対応までしてくれるという。これはコーセル株式会社(パートナー企業です)によって実現されたとサイトに記載されています。

③BGM流してみた

実はKUROBEアクアフェアリーズとJTマーヴェラスの試合では、第一セットの冒頭からBGMが流れていました。といっても歌のない、さわやかなインストゥルメンタルだったわけですが、これは推測ですが、あえて流していたんだと思います。間違って流れていた、という感じではなかったので(だから選手の邪魔をしないようなインストゥルメンタルでした)。ファーストテクニカルタイムアウトで消されましたけれどね(誰がそうしたのかはわかりませんが)。あくまで選手ファーストですが、会場に来ている人に楽しんでもらうためにいろいろ試してみることは大事だと私は思います。

ちなみにこの日のDJの方はアクアフェアリーズの得点時にピカピカ光る帽子かぶってきたり(たまに消すのを忘れてプレー中にもつけていたけれど…)、会場を盛り上げようとするいいDJさんでした。JTの選手たちが入ってきたときに「吉原監督は、あの全日本で大活躍された選手です。皆さん大きな拍手を!」とやっていて、吉原監督が「えっ、私?」とびっくりしていたのが面白かったです。相手監督へ拍手をさせるDJはなかなかいません(笑)

④スポンサー提供による振舞酒

この黒部大会では土日共に振舞酒が行われてました。単に新春だから…というわけではありません。このお酒を提供した銀盤酒造は、アクアフェアリーズのスポンサーであり、選手雇用企業なのです(馬場ゆりか選手がここの所属です)。一種のコラボ企画なわけですね。

黒部の水で仕込んだお酒は当然おいしいわけです…おいしくいただいてきました。

さて、ここからが大事な話です。

⑤これぞアクアフェアリーズだった選手紹介時の演出

ホームゲームにおける選手紹介というのは重要な演出です。トヨタ車体では会場の照明を落としてスモークがたかれるという演出がありました。

まず土曜の選手紹介では、各選手の所属企業名と、その上司からのメッセージと共に選手が入ってくるという演出でした。

最初に書いたのですが、KUROBEアクアフェアリーズは、スポンサーが選手を雇用している形態なわけです。上司のメッセージで登場、だなんて、まさにそれを象徴する演出だったわけで、ものすごく感動したわけで。

一方日曜日ですが、こちらは富山県警が実施している「だまされんちゃ応援団員」の一企画として行われ、詐欺被害防止のスローガンと共に選手が入場してくる形でした。

「だまされんちゃ応援団員」についてはこちらをご覧下さい。つまりは特殊詐欺被害防止に向けた活動です。実際に黒部市総合体育センターにもチラシが置いてありました。

スポーツチームがこのように特殊詐欺被害防止という点で地元に貢献している。これも地方のスポーツチームの一つの形だなあと思います。

あ、あとチアが登場してますが、これ全員地元の子供たちです。試合中もチアは子供たちで、これもおそらく初めて見た光景だったと思います。チアを置くチームは東レ始め多々ありますが、子供だけ、というのを見たのは(ハーフタイムイベント等を除いて)初めてだと思います。

⑥JTマーヴェラス小幡真子選手が述べた感謝と決意

これはアクアフェアリーズとは関係ないのですが、アクアに勝ったJTマーヴェラスの小幡真子選手がヒロインインタビューで、ホームゲームの黒部に詰めかけたアクアフェアリーズのファンたちに感謝すると共に、新生Vリーグになっても私たちはプレーで返すしかないから頑張ります、みたいなことをおっしゃったんですね。

これは私の考えなのですが、新生Vリーグの肝は、ホームゲームの盛り上がりだと思っています。ホームゲームの収益を各クラブに移管し、演出の自由度を高め、盛り上げる。まだなかなか動員という結果には結びついていないけれど、でも、着実に成果は出ているわけです。

選手としても新生Vリーグを盛り上げたいという思いはあるけれど、選手ができることはプレーが全て、なんですよね。ファンへの御礼と決意の混じったそのスピーチは、私が黒部まで来た理由そのものだと言っても過言ではありません(興味のあるチームは、ホームゲームを見るべき、というのは私の基本的な考えです)。

※小幡選手については同じようなことを感じたアクアフェアリーズのファンの方もいらっしゃいました。

いろいろ、新生Vリーグには厳しい声も上がってますけれど、選手たちの思いに耳を傾けて欲しいと思います。最近荒木選手もこんなツイートしていますね。

さて。私は冒頭に挙げたKUROBEアクアフェアリーズに興味を持った点以外にもう一つある、と書きました。

それは、あの(笑)応援歌です。

KUROBEの試合を初めて見たのは12月のウカルちゃんアリーナでの東レアローズ戦だったのですが、どんなチームか楽しみにしていたらあの応援歌にまず度肝を抜かれて(笑)。

最初聞いたときは「なにこれ(笑)」と思ったのですが(すみません)、翌日から仕事をしていても頭の中にあのメロディが流れる流れる…しかも翌週ひたちなかでまた聞いたのでもうすっかり頭から離れなくなってしまいました。

ただ、大きな疑問が…「何と言っているのかわからない」んですね。これはツイートしたら別のチームの応援団を含め何名かからも「歌詞がわからない」という声をいただきまして。でも検索してもなかなか出てこなくて、それを突き止めに黒部に行った部分もあります(笑)。でも真面目な話、気に入ったりいいなと思う応援歌は、ホームゲームの大観衆の中で聞くもの、なんですよ。そして、やっぱりといいますか、大観衆の中で聞いてやっとその歌詞が判明しました。

なんで頭から離れないのか、というだけで一本ブログが書けるのでここではやめますが(笑)、にしても、Vリーグを見る中で日立やNEC、そしてゲーフラ芸のJTといった面白い応援文化に接してきた(さらに言えば野球やサッカーにも触れてます)私の中では今までに出会ったことのない応援文化で、一種の衝撃、です。

土曜に黒部に着いて試合を見て、夜は魚津で海の幸と美味しい日本酒(蜃気楼の見える街という魚津の地酒でしたが、確かに蜃気楼が見えた気がします…ってただ飲み過ぎただけですが)を飲み、そして日曜も試合を見て、川の音がさらさらと流れる田んぼの中を黒部駅まで帰る中で…

一つ気づいたことがあるんですね。

私は黒部に来る前に「美味しんぼ」の日本全県巡りの富山編を読み直したのですが、元々立山連峰への山岳信仰が富山にはあるんですね。そんな立山がはぐくんだ水が、黒部川となってこの黒部の町に流れているわけです。極端に言えば神の水なわけです。

黒部市総合体育センターに向かう道の至るところで水の流れる音が聞こえてきて、その音がとてもよかったんですよね。

そう考えると、アクアフェアリーズ、つまり水(アクア)の妖精(フェアリーズ)ってまさに黒部の町そのものなんだ、と。

そう考えたときに、あれっ、Vリーグの女子チームで、地元にちなんだチーム名つけているところってあったっけ?と。NECレッドロケッツは本社ビルがその形状からロケットビルと呼ばれたことにちなんでますし、久光製薬スプリングスはサロンパスなど「貼る」から「春」でスプリング、東レアローズに至っては「男子チームがアローズなので女子も同じ思いで取り組むことにした」(16/17公式プログラムより)ですからね(笑)。

あの岡山シーガルズだって、元々あった東芝シーガルズを受け継いでいるので、岡山にちなんだチーム名ではないです(過去のチーム名を継承することも大事なことです)。

今の女子V1で地元にちなんだチーム名つけているのはここだけ、なんですよ(V2にはいくつかあります)。

見てくださいこのチームフラッグ。水面の様子とか、まさにこのチームを表しているフラッグなんですよね。

そんな、黒部川の清流が流れる町で、「あの」アクアフェアリーズの応援歌を聞き、地元の人で水色一色に染まるアリーナを見られたのは本当に貴重な経験でした。いわば、全身で黒部を体感した、そんな感じです。この二日間は私自身が黒部色、つまりアクアの水色に染まった感じです。

KUROBEアクアフェアリーズはまさに、V1に舞い降りた妖精なのかもしれません。そして、このようなチームが全国に舞い降りたらいいなあ…と思います。

OTHER SNAPS