LOG IN

昨日・今日・明日。東レアローズが一気に示した「気概」~今日編~

by lovelikefoot(有本和貴)

昨日編に続いては今日編、です。ここでは今回の東レアローズのリリースで何が変わったかということを中心に書きます。

※選手の体制については明日編で書きます

まず、一連のリリースを見て思ったのは、あ、東レアローズは来季も存続できる、ということでした。大げさな、ということなかれ。会社の業績が悪くなったら真っ先に切られるのがこういうスポーツチームだったりします。NECだって過去男子を廃部にしてますし、そもそも東レアローズ女子はユニチカ・フェニックスが、ユニチカの経営不振で譲渡されて生まれたチームです。

しかも東レ株式会社の業績も好調とはいえず、先日発表された2019年度の業績は売上、営業利益ともに目標には届かず、いずれも昨年度を下回る結果になっています。

※5/13に発表された資料へのリンクを貼っておきます(誰も見ないだろうけど…)

長期経営ビジョン “TORAY VISION 2030” および 中期経営課題 “プロジェクト AP-G 2022”

実は株価も一年前は800円台前半だったのが3月に下落し一時期300円台にまで突入したこともありました。原因としては、そもそも暖冬だったので東レの素材を使っているヒートテックがあまり売れなかった、そしてアパレル自体がコロナの影響で売れ行き不振であるということ、そして東レの炭素繊維を使っているB787などボーイング社が航空機製造を止めているのも影響していると思われます。

※詳しくは東レ社長がコロナ不況攻略法を激白「先を見通せない経営者は辞めるべき」にて

固い話になりましたが、必ずしも親会社は業績好調ではない、ということです。でも黒字ではあるので不振でもないです。今のところはチーム運営については心配しなくても大丈夫でしょう。

そして、選手数もマイナス1名にとどまっています。ここで過去6年の選手数の推移をご覧ください。

2020/21 15名 前年比-1 新加入1名(坂本) 退団2名(日高、堀川)※2020/5/16時点

2019/20 16名 前年比+1 新加入4名(水杉、石川真佑、野呂、大崎) 退団3名(杉原、石川真奈、マナバット)

2018/19 15名 前年比-4 新加入3名(関、ヤナ、マナバット) 退団7名(木村美里、中川、野村、ケイディ、田代、峯村、林)

2017/18 19名 前年比+2 新加入5名(小川、黒後、日高、ケイディ、井上) 退団3名(木村沙織、迫田、カーリー)

2016/17 17名 前年比±0 新加入5名(中川、中田、石川真奈、中島、カーリー)、退団5名(ディクソン、高田、下平、森、藤本)

2015/16 17名 前年比-1 新加入2名(白井、ディクソン)、退団3名(中道、小平、二見)

※選手名は敬称略

個人的には昨シーズン4名の高卒新人が入ったことで人数が膨れ上がったと思っていたのですが、必ずしもそうではなかったんですね。ちなみにこの15名というのはV1のチームの中では少ない部類に入ります(昨季の久光、JTは18)。そう考えると来季のために移籍による選手獲得、というのは十分あり得るのかもしれません。

ちなみに現時点でヤナ選手の去就が明らかになっていませんが、現状の人数を考えると仮に抜けたとしても外国人選手の獲得はありうると思います。ただ状況が状況なので、新外国人選手が獲得できるのか(日本に来てくれるのか)というのもありますし、それは選手にとってもそうなので、残留なのでは、とは思います。

さて、具体的な人事ですが、まず堀川選手が谷さんの後任としてマネージャーに就任、そしてシニアスタッフだった中道さんがコーチになる、ということですが、これは全く個人的な予想ですが、中道さんの後任───つまり東レの社員としての社業従事───が谷さんなのではと思います。

なぜそう思うかというと、まず谷さんが東レを離れるということはないでしょう。というのも、谷さんはおそらく選手同様、東レの社員として入社しているはずです。谷さんの出身の下北沢成徳とは、選手の獲得だけでなくマネージャーまで社員として雇用することで、良好な関係を築いているのではと思うからです。で、中道さんはシニアスタッフという立場で社業兼務だったので、コーチになることで専任になるのでその後任では…というのが勝手な予想です。

これによって、堀川選手もチームに関わり続けることができる。次の道に進むために退社した日高選手を除けば、東レからは誰も抜けていない、と言い切れるわけです。

そして中道さんのコーチ就任ですが、これはもう、中道監督への布石でしょう。そう考えると今も東レにいる高田ありささんもいずれは現場復帰するのかなあ…もしかしたら迫田さんも…とかいろいろ妄想が膨らみます。

東レは「この人は東レアローズには欠かせない」という人は最低限、きちんと社員なりで残しておく、という印象があります。しかもそれが、男子チームひっくるめて、という感じですね。菅野さんも新監督の越谷さんも、コーチの高杉さんも男子のアローズにいましたし。間違いなく外部から監督を招聘、というチームではないでしょう。

中道さんは昨季も今季もチームに帯同することが多かったですし、特に今季はタイムアウトで白井選手と話すことも多かったので、離れた場所から見ていてのチーム状況とかを把握した上での戦術なども伝えていたと思います。

ふと思ったのですが、離れていた場所から試合を見て気づいたことを言う、というのを来季は堀川さんが担うことになるでしょう。しかもあの大声ですから、選手も鼓舞できる。これは非常に心強いですね。入れ替わるように控えエリアには伊藤選手に入る形になるでしょう。

ちなみに堀川さんの声は本当に大きくて、けっこう耳に残ります。「AパスミドルAパスミドル」とか。伊藤選手も結構大きいです。あの二人が大声出しているんだから自分も出さなきゃ,みたいに引っ張られることがとても多いですね。そうか、あの声は来季も聞けるんだな…。

そして越谷さんの監督就任ですが、元々越谷さんは激情型の菅野監督とは違って冷静にデータを分析して、戦術を伝えている印象がありました。内部昇格なわけですし、チームの方向性はそんなに変わらないのではと思います。それがいいのかはさておき、ですが、チームとしての継承というのは大事なことだと私は思います。

菅野さんのGM就任ですが、これは個人的な印象ですが、補強にも携わるのではと思います(本来GMはチーム編成の仕事なので)。高校や大学バレーの視察とか増えるんじゃないかなあ…と思います。実際、去年のオールスターの翌日は東京で行われていた大学バレーを見に行っていたそうですし。

もしかしたら外国人選手や他チームの選手の移籍とかにも関わるのかもしれませんね。GM就任。これも貴重な戦力補強です。

キャプテンやスローガンについては明日編で書きます。

OTHER SNAPS