LOG IN

昨日・今日・明日。東レアローズが一気に示した「気概」~明日編~

by lovelikefoot(有本和貴)

昨日編今日編と続いて明日編では、東レアローズの選手の新体制、そしてスローガンについて書きます。

まずキャプテンについてはびっくりしました。いや、ぶったまげました。個人的には年齢的にも白井選手が次のキャプテンだと思っていたからです。で、その次は小川選手かなと。なので黒後選手就任はぶったまげたわけです。世代を一つ飛ばした感じですね。

ただ、今季に関してはけっこう黒後選手がチームを引っ張っているなと思ったのも事実です。何より背中にも貫禄が出るようになりました。

あと、特に後半は関選手と話し込むシーンが多かった印象です。なのでだいぶプレーで引っ張る、という姿が増えてきたんですよね。そう考えるとキャプテン就任もうなづけます。

チームとして考えても、菅野さんが担っていた、コート上での檄とか熱さ、を何よりもたらしてくれる存在になるんですよね。序盤、黒後選手が負傷で出られなかったとき、滋賀大会では登録外だったのですが、スタッフの席にいるとき、チームが劣勢だとものすごく大きな声で「気持ち入れて!」と叫んでいたんですよね。そして、私は春高はそれほど興味がなかったので知らなかったのですが、下北沢成徳時代はけっこうおっかないというか、厳しい言葉で選手を引っ張っていたんですよね。

なので東レでもそういう姿が見られるのかな…とも思います。なにせ選手層の中心が、黒後選手の年齢以下にいずれなるでしょうし、もしかしたら石川、野呂、大崎という下北沢成徳の後輩全員とコートに立つかもしれない。そう考えると適任なわけです。

とはいえまだ黒後選手は21歳ですし、まだこのタイミングは早いかなとも思うのですが(久光の石井選手も28歳でキャプテン就任)、最近だとNECが柳田選手を21歳でキャプテンにしてますし、けっして早いというわけではないでしょう。

いやあしかし、いろいろ書きましたけれど、この人事は正直しびれたんですよね。体に電流が走ったというか、なんかこう、呼び覚ましてくれた。そんな思いです。

だって!来季からはあの、試合前の選手たちが走って入ってくるこのシーンの先頭は、黒後選手なわけですよ?うわあ、すげえ見たい。そう思うでしょ?(笑)

結果的に東京五輪が一年延びてしまいましたけれど、キャプテンとして東レを引っ張ったことでさらに成長して、もしかしたら五輪の中心的な存在として挑めるのでは…とも思います。私の中では本来その存在は久光の石井優希選手だったのですが、一年延びたことで黒後選手にチャンスが出てきた。そんな思いです。

って何回も書きますけれど、ね、楽しみでしょ?もうワクワクしかないっす。

そして副キャプテンには白井選手と中田選手が就任。いずれも年上の選手ですが、だからこそ黒後選手を支えるにはぴったりの存在、でしょう。特に白井選手は関選手に対して見せるように、選手たちへの気配りができる人なので、例えば黒後選手が熱さで引っ張りすぎたとしても、そして怒ったとしても、笑いを取りながらとかうまくバランスをとってくれると思います。そう、やっぱり東レのキーは白井美沙紀、なんですよ(笑)。

そしてスローガンは「氣迫」になりました。気ではなく氣という文字にしているのがさすが東レですね。ちなみに漢字二文字というのは2017/18から(挑戦→執粘→躍進)。スローガンを誰が考えているのかはわからないですが、もしかしたら黒後選手のアイデアが多分に盛り込まれているんじゃないかなあ…とも思いました。何より「気」を大切にしそうな人じゃないですか。気持ちとか気合、とか。ふとそう思いました。

さて。今回東レは5/14に勇退、新体制、そしてスローガンをまとめて一気に発表しました。ちなみに過去五年間はどうだったかというとこんな感じです。

2019/20 5/29退団発表、6/6新体制&スローガン(躍進)発表

2018/19 6/1退団発表、6/5新体制&スローガン(執粘)発表

2017/18 5/30退団発表、6/2新体制&スローガン(挑戦)発表

2016/17 5/30退団発表、6/10新体制、6/20スローガン発表

2015/16 5/29退団発表、6/8新体制発表

そう。今回のポイントは三つ一気に発表したことと、発表のタイミングです。退団のタイミングが早いのは黒鷲旗がなかったからというのもあると思いますが(ちなみに退団・勇退発表は東レより前に出したのは3/3の日立、4/6のPFU、4/21のJT、5/8のNECで行われています※引退や一名だけの発表を除く)、新体制とスローガンまで発表しているのは東レだけです。

日立JTが抜けていました。訂正します(2020/5/20)

従来小出しにしていた情報を、今回まとめて出したところが個人的にはうれしかったというか、奮い立ちました。だって、選手たちはもうスローガンまで決めて明日に向かって動き出しているんですもの。

個人的に今の状況は過酷です。もちろん皇后杯や黒鷲旗がなくなったこともありますし、来季のリーグがどうなるのか、というのもありますけれど、それ以前に仕事をはじめ日常がつらいんですよね。つい今までと比べて「これができなくなった」ということばかりじゃないですか。失われる一方じゃないですか。

それはもちろん選手たちもそうなのですが、でも、選手たちはプレーだけじゃなくて、新体制もまとめて一気に発表するという「気概」でもファンを勇気づけたり元気にさせられるんだな、と思ったんですね。

つまりもうこの時点で東レのスローガンである「氣迫」が実践されているんですよね。有言実行です。そしてなかなか見えない明日が、一気に見えた。だから、しびれたんですよ。体の中を電気(ここにも気が 笑)がビリビリと。そんな感じです。

こんな話をインスタライブでもしたのですが、この解説で聞いていた人も元気もらったと言われたのがすごくうれしかったです。

今はとにかく、キャプテン・黒後愛を擁する新・東レアローズの「氣迫」を間近で見られる日を楽しみに、そして日常の糧に、頑張ろうと思いました。同じことはきっと他のファンの方も感じたのではないでしょうか。さあ、来季、また東レの試合会場でお会いしましょう!

OTHER SNAPS