LOG IN

V1女子20/21シーズン展望

by lovelikefoot(有本和貴)

いよいよVリーグの開幕が迫ってきました。ということで先日、去年に引き続きVリーグ女子会開幕戦をリモートマッチ(と言えばカッコいいですが、いわゆるオンライン飲み会)で行いました。

その中では各チームの戦力分析や順位予想も行いましたが、せっかくですのでこの場でもご紹介して、皆さんの開幕前のお楽しみとなればと思います。

なお、これを主宰し、資料を作った私はまだまだVリーグファン歴数年と浅く、バレーボールも詳しくないということを予めご了承ください。素人ながらも、皆さんで楽しんでいただく材料をご用意しました。

まず、20/21シーズンの制度の改正点などです。

根本的には、東京五輪が一年延期になったことで、当初予定していたシーズンを短縮させ、代わりに代表選手が抜けた残りの日程を新設したVcupに充てた形になります。

また、いつ感染拡大が起きるかわからないCOVID-19対策として、大会成立条件を緩和したこともポイントです。とにかく選手たちのためにシーズンを成立させたい、という機構の思いが伝わってきます。シーズンが成立するかどうかは選手にとっては非常に大事なことですからね。

また、昨季のファイナルからのオフシーズンのトピックスとしてはこんなところでしょうか。岡山が初めて有観客試合を実施、かつ配信するなど、いろんなことが起きてとにかく閉塞しがちなCOVID-19の状況で岡山は頑張っていた印象です。あと、久光がチーム名を変えてファンクラブ制度を変えるなど、一大改革に乗り出したことも大きなトピックスだったと思います。

さて、ここからは各チームの戦力分析です。各チームのIN/OUTのまとめと、予想フォーメーションをまとめています。予想フォーメーションですが、バレーボールに全然詳しくない私が、昨季の帳票を拾ったりいろいろと調べた中で作ったものです。詳しい方からすれば噴飯ものかもしれませんが、こういうのを誰もまとめていないので僭越ながら作った次第です。なお予想フォーメーションとありますが、これは開幕時点のものではなく、いわばベストフォーメーションということです。

あと各チームで色が塗られているのは、8月に実施したVリーグ女子会サマーリーグからの変更点です。つまり直近の変更点ということです。昨季の順位順にご紹介します。

JTは大幅な戦力ダウンを避け、さらにタイからタットダオを連れてきました。さすがに開幕は間に合わないでしょうが、小川選手と激しいポジション争いになるのではないでしょうか。

続いて岡山です。このチームスローガンがいいですよね。河本監督うまいなあ。

さっきの初の有観客試合のことでも触れましたけれど、岡山はこの状況下でも積極的な印象を受けます。まあ、親会社を持たないクラブで、少しでも地元の人を元気づけようという姿勢あってのものかもしれませんが、岡山の存在感はますます増すなと思った次第です。

上尾は監督がなかなか来日できていない状況です。現時点でも来日の有無は不明ですが、シュシュニャル選手も抜けて、一大変革期であることは間違いないです。シャイナ選手は2018年の世界選手権にも出ていますがお世辞にもレギュラーと言える出場時間ではなかったので未知数です。

続いてデンソー。先日アメリカ代表のキャサリン選手の加入が発表になりました。

ここもシニアード選手が抜けて違うポジションの選手が加入してきたわけで、果たしてキャサリン選手がどれくらいできるのかというところでしょう。2019からアメリカ代表ですが、出場試合数はそこそこあるようです。

続いて同じ愛知のトヨタ車体です。

ここもネリマン、そして内瀬戸両レギュラー選手を放出して、でも新外国人獲得はつい最近、という状況ですが、ソロカイテ選手はイタリア代表での実績はそこそこある印象です。13/14シーズンはデンソーにいたのでVリーグを少し知っているというのは大きいかも。年齢的にも、個人的には埼玉上尾でのシュシュニャル選手的な役割を担うのかなと思います。ポーンプン選手はこんな動画もありまして。

タイ代表では結構なキャリアを有していますが、セッターというのはチーム連携が何よりカギなので、合流したばかりでどれくらいチームに馴染むかがポイントではと思います。

東レは大きな出入りはなく、監督こそ変わりましたけれど、内部昇格なので基本的に去年からの継続ですね。

あと、クラン選手はCOVID-19の間もずーっと日本にいましたので、チーム連携という点では最強です。いつ開幕してもOK、みたいな状況でしたからね。とはいえだから強いか、はまた別な話ですが。

続いて、昨季はまさかの7位に低迷した王者・久光です。チーム名も変更するなど、新たな取り組みを進める、個人的には注目のチームです。紅白戦もただ配信するだけでなく新鍋さんをゲストに迎えるなど、OBをうまく活用してますね。

セッターで埼玉上尾から井上選手を獲得したり、そして長岡選手の復帰が期待されるなど、新鍋選手が抜けたとはいえ地力はありますから。

続いてNEC。ネリマン選手の獲得は個人的にはちょっと驚きました。国内チームへの移籍とは言われてましたが、埼玉上尾だと思ってました。昨季を見ればわかりますがそれほど外国人選手に依存していないチームなので今季は外国人選手抜きで戦うと思ってました。

ただ、伸び盛りの若手選手が多い中で経験豊富なベテランを入れる、というのは東レのクラン選手と同じ構図ですね。にしてもこのチームのフォーメーションは全く予想ができず…だってこの他に柳田選手、古谷選手、山内選手、そして忘れちゃいけない廣瀬選手もいますからね。久光もそうなんですが、ここも選手層がいびつだ(特定のポジションに偏る)という話が女子会の中でも出ました。

日立はセッターが二名入っていることを見ても、佐藤美弥選手は五輪で引退するつもりだったんだろうなと思ってしまいます。

上坂選手がレギュラーを確保できるのか、というポジション争いも注目でしょうね。

選手層がいびつという点ではこのKUROBEはMBが三人も入るという事態に。そして綿引、雪丸、マナバットというMBが3名も抜けているので新人選手がいきなり入る形になりそうです。この中の誰が入るのか、女子会参加者ではわからなかったので、戸部選手を入れています。

とはいえリー選手が残っているのは大きいですね。

そして、とにかく選手層が薄いのが隣県のPFUです。何せ14人。しかも大黒柱としてチームを支えていたドリス選手も去り、一方で現時点では外国人選手がいないなど、非常に未知数です。

この選手層の薄さから、個人的にはKUROBEを電撃退団した白岩選手を獲ると思ったんですけれど、さすがに綿引選手を獲ってさらに…はなかったですね。

続いて姫路は、大量加入、大量離脱でした。ただ、ここも選手起用が読みづらいチームですね。

ちなみに上記に書かれている福井、アリオナ(と呼んでいいのかはわかりませんが)はVリーグ公式には掲載されているものの、ヴィクトリーナ姫路としてはまだ発表していない選手です(2020/10/14 21時時点でもチームのホームページでのアナウンスはナシ)。

アリオナ選手は一シーズンごとにいろんなクラブを渡り歩いている選手で、こちらも若手主体のチームに経験を注入する存在になりそうです。

という戦力分析を終えて、女子会メンバーの順位予想(私を除く)はこちらです。

これを各人の順位をポイント計算(1位12点~12位1点)するとこうなります(ちなみにこれは私の順位も加えています)。

1位 JT

2位 東レ

3位 久光

4位 岡山

5位 NEC

6位 デンソー

7位 日立

8位 トヨタ車体

9位 埼玉上尾

10位 姫路

11位 PFU

12位 KUROBE

※ポイント数が並んだときは昨季の順位順にしています。

さて、私の順位予想は下記です。

1位 NEC

2位 JT

3位 東レ

4位 久光

5位 岡山

6位 デンソー

7位 トヨタ車体

8位 日立

9位 姫路

10位 埼玉上尾

11位 KUROBE

12位 PFU

NECを1位にしたのは私だけでしたね(笑)。まあ元々順位予想は「昨季1位のチームは1位にしない」とか、基本的に天邪鬼でもあるので(今季のパリーグの優勝予想もオリックスだったし…)。

NECは若手が多いし、爆発する可能性があります。山田選手や、曽我選手など、東京五輪が延期になったことで代表入りしそうな選手もいそうな、そんなポテンシャルがあるんですよね。しかもそこに経験豊富なネリマン選手も加わったわけですし。

それ以外についてですが、東レが4位というのは真っ先に決めました。まあその上に来るチームが思いつかなかったので繰り上げましたけれど。確かにクラン選手がずっと日本にいたのは強みですけれど、基本的に昨季から変わっていないわけですよね。

個人的には姫路は台風の目…とまでは言いませんが、中位クラブにステップアップすると思います。

そして、今季個人的に注目しているのはNECです。ここはファンクラブの基盤を変えたり、会員制度を二段階にしたり、そして紅白戦を配信したり、いろいろ意欲的なんですよね。何よりこのホームゲームのキービジュアルが素晴らしい。少なくとも私の中では今までのVリーグにはないビジュアルです。野球とかサッカーではよく見かけた印象ですが、Vリーグでこのビジュアルはかなり意欲的では。

他にも10月のとどろき大会ではプレスシートという席種を作って、特典が「関係者用直筆コンポジシート(試合2・3分前)・記録シート・特別席・机・電源・飲み物・限定写真ダウンロード」と、完全に記者気分が味わえたりとか、11月の大田大会は金曜夜開催に挑戦するなど、ほんと、「そう来るかあ」と思わされることが多いです。

NECがこれだけ意欲的なのは、Vリーグにポテンシャルを感じているからなんですよね。だったら、NECのファンではないけれど、それに応えたいとは思います。東レファンなのでNECを応援することはありませんが、取り組みに応えたいとは思います。

あとNECは岩崎選手が現役を引退して広報に回って、最近はKUROBEの白崎選手も同じですが、現役を引退した選手が、その経験を生かして広報として活躍する、という流れがもっとできたらいいなあと思います。そのためには「やっぱり元選手を広報に入れると効果があるね」というのを示してあげる必要があるわけですよ。

ということで長々書いてきましたが、あの、4~6月頃の、黒鷲旗が中止になり、サマーリーグとか大会が軒並み中止になる中で、こうしてファンが試合を生で見られる環境を少しでも作れるよう尽力してくださった皆さんには本当に頭が下がります。リーグ戦中止、そして全試合リモートマッチの可能性だってあったわけですから。選手だって少しでも自分のVリーガーとしての短い生きざまを家族や友人、そしてファンに少しでも見せたいはずです。

声を出しての観戦ができなかったり、友人と隣同士で観戦できなかったり、ベンチ裏席がなかったり、断幕を掲出も持ち込みもできなかったり、できないことだらけでファンの人は辟易するとは思いますが、でも、こうして開催できることが何よりですし、こういう制約だらけのシーズンは今季限りにできるように、一緒に乗り越えていきましょう!

今季も宜しくお願いいたします。

OTHER SNAPS